TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

イポタはモクセイ科の常緑樹。
2mくらいに育つ。
樹皮は灰褐色で葉は対生。
小葉で小枝も密にできる。
花は6月。
新梢の枝先の長く伸ばした総状花序に、白花を群がって咲かせる。
地味ではあるが、この花時期も美しい。
いわゆる花木ではないが、イボタの花も野趣があって捨てがたい。
作りやすい丈夫な樹で、ファンも多い。
玄人好みのボンサイ的な樹である。
小枝がよくできることから、肥培して切り込みをかけ続けて作るのが一般的。
つまり、伸びてくる新梢をー〜2節切り込んでいく。
春から秋にかけて5〜6回も切れる。
小枝はそのたびに増えていくわけだが混み合わないよう、鋏を入れて透かしをかけながら作るのがポイントとなっている。
切り込みをかけていくと、小葉がびっしりと混み合い、内側の枝が枯れ込みやすくなるのを注意したい。
常にややスカスカの状態になるよう、鋏を入れるのが大切。
葉刈りもきく。
5月頃,枝をやや伸ばしておいてー〜2節で切りつめる。
そして、葉を切ってしまう。
カラ坊主の状態にする。
2番芽も吹きやすい。
2番芽にはウドンコ病などが発生しやすくなるので早目、早目に消毒をする。
イボタは曲付けして10p以内にまとまるよう、コンパクトな曲線が作られている。
植え替えは、春の芽出し前から新梢が固まる5〜6月。
秋の植え替えも暖地の方はよく行っている。
針金かけは春の芽出し前に行い、新梢が伸びてきた時にもどんどんかけてよい。
枝が軟かいうちに曲付けするのがポイント。
イボタは以上のように曲付けのよい練習台にもなる。
丈夫な樹なので(病気にも強い)、伸ばしておいて曲付けし、そして秋にー〜2節で切りつめて作っていくのが仕上がりが早い。
新梢に次々と曲付けしていくと、一年に何年分もの枝作りが可能。


お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム