TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

ズミやキブシ、ナシの類い、リンゴ、カイドウ(垂枝カイドウも含む)など応用が広い。
小品ー中品の愛好家の心をつかむような素材作りの画期的なもののーつである。
ピラカンサはそのまま作ると甜pを越える。
小品には、根上がり発根すれは根も利用)幹の複雑な部分だけを利用する。
仕上がりで約20p。
やや大型の樹となるが、趣味家が20年もかけて作ったような本格作品である。
栃〜鯛年にかけて、園芸店にある程度の数が出回り、このサイズに興味を持つ小品愛好家が<取り木>用に収集したものである。
作業の実際は写真中にある解説を参考にしていただき、次のAのピラカンサを見てみることにしよう。
このピラカンサは本体約10p。
挿し木苗を曲付けした素材で、畑作りとは違って鉢作りである。
10p〜12p程度の味のある小品を好む愛好家には参考となるだろう。
ピラカンサのこれまでの小品ボンサイ作りは、挿し木や、まれだが実生苗を鉢で長く作り込むことが多い。
持ち込みによって風情の出る樹で、繊細な面も多く持つ好樹なのである。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム