TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

春からの芽を切り返しながら、3~4番芽あたりを利用する。
こうして何回も切り返すわけである。
それでもゴツくなる部分は、秋に剪定してはずしていく。
5月の作業は以上に加えて、枝の呼び継ぎも行っている。
8月のカエデは葉の量に注目していただきたい。
全体が春先のように枝が透けて見えている。
葉刈りをかけたわけではなく、葉数を減らしているのである。
この程度葉数を少なくしても大丈夫。
枝をゴツくしたくないための河村さんの方法である。
このカエデ・は大型の小品(20数㎝)からの改作。
印象としては中品からの改作である。
模様樹風に作ってあった作品を、頭部を飛ばしーの枝だけを利用している。
8月の作業は剪定と葉刈り。
そして針金掛けである。
この素材もまだかなり変化しそうで、裏面の根の整理、根接ぎ、頭部を飛ばした後の処理など、今後相当に手が加えられそうである。
針金掛け後の姿は、カエデとしては変わった形となっている。
動きは立ち上がりから右に行き、そこから急に左に返している。
枝もやや右に出て、そこから吹き流しのように左に流れている。
この作品も数年で見違えるような優品となることが予想される。

お好み  TOPへ > 戻る