TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

植え替え適期と回数 亜寒帯性の樹種ですから、暖かい保護室がある場合は、2月中旬頃から植え替えできます。
冬囲いのない場合は、3月中旬頃が適期です。
秋の植え替えは9月中旬から10月上旬に行なえますが、新根が伸び切らないうちに寒さがくるので、できれば春まで待って植え替えた方が根痛みしません。
古根・古土、 樹勢の強い種類ですから、仕立て中の苗木は古土をほとんど落とし、根も半分ほどに切り詰めます。
完成樹の場合は、全体の3分のーの古土を落とし、根も3分の2ほど残して切り詰めます。
徒長根が伸びている場合は深切りします。
培養土、 特に気づかうほどの樹種ではありませんが、通常の花木類に用いる培養土であれぱ、苗木や完成樹とも同じでかまいません。
それぞれ地域によって培養土が違うでしょうから、ほかの花木類に準じたものを用いてください。
関東地域であれば、赤玉土8に桐生砂2くらいの混合土で、ミジン粉を除いた3~7nm粒くらいが適当です(小品仕立ての場合は2~5nm粒)。

お好み  TOPへ > 戻る