TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

矮化とは、木質部が堅く去11つことを底味しまず。
ですから生長最は多少犠牲にしても,ときにはある程度乾燥することも必要なのです。
そのためには、充分な日照と通風が欠かせない条件となります。
したがって鉢植えにおける空申湿度や霧・夜露の問題も、初めに述べた高温多湿という絶対条件と、鉢植えの特異性という付加条件との相対関係で考えるべきなのです。
針葉樹は夜露で育つ。
たくましい生命力をもつ鉢植え置場条件の具体的な例として、ゴヨウのマツには夜露が欲しいと紹介しました。
これはゴヨウのマツに限らず針葉樹全般にいえることです。
ゴヨウのマツは夜間夜露を吸収することによって、光合麻局必要な水分の一部分を確保すること遡でぎるものです。
このことは、ゴヨウのマツではれるのが避げなけれ霧の効用。
「良いお茶の産地は霧が深い」に学ぷ。
広集桝は、 一枚一枚の漿面債、が大きく、空気の乾燥の影響を受けやすく、乾燥の被害が生じやすいものです。
とくに、常緑広漿傲はのです.ですから、.]のときに空中滉度か・肋ければ、乾害は防げるわけです」。
務は気批の変化によって.空気中の湿度が飽和に達したときに発生するもので、霧が発生しやすい場所や時刻とは、空気中の湿度が高いことを.小しています。
姫聯は、針葉樹に対しては夜霹と同様の働きをもち、広葉樹に対しては葉の乾燥を防ぐ働きを示します。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム