TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

<その他注意事項>。
@農薬は、濃度が濃いと効果があると誤認する向きもあるようだが、一定以上濃いと害が出る可能性があるから、規定濃度を守ること。
A特に殺菌剤などの場合は、濃いこ とよりも何日めにつぎの散布をするかの方が効果が大きいのが普通である。
B殺ダニ剤では、一つの農薬を続けて使うと、虫に抵抗性ができて効かなくなるので注意を要する。
このような傾向は、殺菌剤のベンレートなどにもあるという。
C同じ濃度の農薬でも、その日の気象条件によって、例えば乾きが著しく遅いようなときは薬害がでることがある。
D石灰硫黄合剤については、金属を腐食させる恐れが大きいからその散布の際には周囲の状況に注意する。
E杉、蝦夷松、くろまつなどに発生する「ハダニ萄凧」は、だいたい乾燥によって発生するもので、葉水を多くやれば発生しないし、また、現在発生しているものも、葉水をたくさんやることによって農薬を用いなくても防除することが可能である。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム