TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

幹は太く枝細く。
ボンサイを人間の一家に例えると、おそれいります rや孫か幹を口、かすように太くなるのは、,家の朔壊と回じで、見ていてもよい感じはしません。
植物の生理からしても。
幹と枝が同等に太ければ養分は太い校に流れやすく、幹が弱る原因となってよいことは一つもありません。
種木から作る場合に、もっとも大切なτとの二つがこの言葉です之如粒、。
、枝は」いずれは太くなり支す。
幹もわれるばげ最初の段階で切胸蔽としてでも枝泰太くなるのは、」d枝の葉数が多す。
ぎるためです。
とくに松類の枝は。
」ド直立デる習性があるので触犬ヶせ」・懲融が枝は適宜下げる工夫も必緊楽しいのです 」」高〆、売るには枝数は多いほどよい」とい・'-のは、本物の統キチではありません。
曲がりの内側に枝は付けない。
直幹以外のボンサイは、ほとんどの場合幹は曲がっています。
曲がった「出っ張り」のところに枝が付いているのが正解で、反対に内側に枝があるものは不自然で力強さ」がなくなります。
これは自然界の摂理と同じで、曲がりの内側に枝がある古木はありません。
幹の曲」」ば 、らてす 固定観ん,)だけで樹形を・作ると、右の次は左、そして右へというふうに枝を付けることが多くありますが、自然界でこんな方稚式は通用しません。
日陰や通風のよくないところのものは、自然掏汰されて枯れてしまうからです。


お好み  TOPへ > 戻る
  ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム