TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

とくに小品鉢植えにおいては、「絵に書いたような校順」は不可能です。
タブーとさ札ている「カンヌキ枝」も、小品の場合は狡の太さが同じでなければ」全駆取らなぐてもよいのです。
頂部は強くなりやずく、下枝は弱い木は、サツキ類を除いてド枝が弱く、頂部は強くなる性質があります。
とくに松類やケヤキのように、大木になりやすいものにこの傾向が強い。
これも「お叱り」を受けそうですが、鉢植え専門誌にはさまざまな樹形のイラストが載っています。
イラストレーターかイラストの依頼者、あるいはその双方に起因すると恩われますが、失礼ながら自然界と遊離する樹形に見えて仕方ありません。
どいうのば、このものは頂部が異様に強すぎます。
頂部が強いということは、生長途丘の「若木」だけで、占木や老木の頂部はスケスケになっているのが自然界の姿です。
つまり、せっかく苦労して古木に作ったつもりが、逆に若木に逆戻りしていることになります。
以前に国風展の苦言を呈していた高名な方がおりました。
この方の趣旨は、「棋元や幹模様は、占木の相があってよいが、頭は若木」というもので、筆者も同感です。


お好み  TOPへ > 戻る
  ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム