TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

幽霊作りはしない。
人間の世界では、足元の見えないものを幽霊として恐れ崇めていますが、ボンサイの世界ではどうでしょうか。
下枝を繁茂させすぎて根元の見えない盆樹もあります。
これを幽霊木と称したのが我が師で、筆者ももちろん同感です。
根張りと立ち上がりこそ盆樹の見所なのですが、肝心の根元が枝や葉で見えないほど繁茂させるのは、「やりすぎ」ということです。
これに関連して三口いますと、幹が見えないほど枝を多く付けているのもどうでしょうか。
前に述べたとおり、「枝は表三分で裏七分」が正解なので、前枝はブラジャーやフンドシくらいがよいのです。
前枝を少なくす柁ば、力強い幹模様が強調されて観る者に感動を与えます。
ミノ辯け作りもどうでしょう。
ミノとはその昔、雨を避けるために着用した藁で編んだもので、前は見えるが背中はミノに隠れて見えません。
これを樹形で言い表すと、裏枝が多すぎることになります。
あるいは斜幹ものの上部が、枝や葉で覆われて幹も見えないことです。
つまりただなんとなく盆樹ということで、もちろん空間もなければハズミもありません。
真柏やネズミサシ、ゴヨウのマツなビに見られますが、躍動感はありません。
適当に幹が見えることが肝心です。

お好み  TOPへ > 戻る
  ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム