TOPへ  >   戻る

鉢植日記のあけび


鉢植日記のあけび

鉢植日記のあけび

鉢植日記のあけび

、一人の番人1ふつうは奴隷1が一定の時間をおいて卵をひっくり返すだけの単純な作業であったが、この仕事は一日の労働時間を十分にみたすものであった。
ギリシア人は、小アジアや北アフリカへの遠征で、いろいろなタイブのニワトリをもち帰って、エジプト人以上にその卵をたいせつにした。
そして、卵を産むめんどりを食用に供することは、その鳥がよほど老けるまで、しなかったといわれる。
ギリシア入は、そのころ一時間一キロワットについてニペンス以下の電力は使っていなかったことを考えると、固い年とったニワトリを料理するのに必要な燃料代は、鳥の値段よりもはるかに高価であったと思われる。
予言者と目覚まし時計としてのおんどり 古代イランの宗教[桿火薮]の創始者、ゾロアスターが言ったように、古代社会のすべての人びとは、二日の聖なる布告者」である誇り高いおんどりを尊敬した。
ゾロアスターの信奉者、インドのバルシー教徒は、こんにちでもおんどりを太陽の象徴として崇拝している。
したがって、かれらはニワトリを食べない。
鉢植日記のあけび



お好み TOPへ戻る
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb