TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

ツクシカラマツは丈夫で作りやすく良く花後に作業を行うと根が廻りきらないうちに冬を迎えるので、石と土の分離がおきてしまいます。
平石のときは花後でも春でも大丈夫です。
用土はケト土5、赤玉土3、砂2を良くねり合せてケト玉を作り使用します。
寄せ植えのときは、あまり丈の低いものは花と花がぶつかりやすく、ツクシカラマツの良さが損なわれてしまいますので、丈の高いものを組み合せると良いと思います。
ハルザキシュウメイギクは、実生でも良く殖えます。
株分けもできますが、株を古く詩込んだ方が花数が多を取播きにしますと臭く発芽して2年目に開花します。
秋のシュウメイギクより作りやすノ\花も咲きやすいものです。
その他カラマツソウの仲聞で作られるものに、洋種パイカカラマッ、ヤクシマカラマツ、九州黒髪山のヒレフリカラマツなどがあります。
ミヤマカラマツなどは、丈が高くなるので鉢では作12にくいようですが、陰性のものと寄せ植えなどにすると良いと思います。

お好み  TOPへ > 戻る