TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

置き場と灌水。
日当たりの良い棚場が必要。
風通しの良いことも大切である。
蒸れるような条件をなるべく避けて作りたい。
病気の予防もあるが、枝作りの小枝の維持にも、日当たりと通風は樹を丈夫にする。
日光は特に重要。
夏でも全日照で作れる。
小品鉢植えの場合、特によく乾く樹で、水切れは禁物。
水は多水に限る。
日中、水を充分与えられる方にお薦めできる樹種である。
サルスベリは南方系の樹で、温度さえあればいつでも芽を吹き返す。
小品鉢植えの場合、サルスベリのこうした性質を利用して作るので、基本的に多肥、多水になる。
芽摘み、剪定。
現物の素材は挿し木から2〜3年で作れる。
挿し木後曲付けした素材が基本の骨格になる。
ミニサイズの懸崖の樹Bを見ていただくと判りやすい。
例えばこうした樹形で1年目に春から伸びてくる新茅を、5〜10[程度伸ばしてから切り詰める。
1〜2節残して切る。

お好み  TOPへ > 戻る