TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

サルスベリは病気に弱い欠点があるので、梅雨時期には多発して愛好家を悩ませたものである。
この優れたサルスベリから、実生によって作りやすくかなり丈夫なタイプが選別され、現在の小品鉢植えの素材として使われている。
素材の入手は容易。
鉢植え店か、各地の鉢植え会に問い合わせされたい。
優良なタイプの素材が出回っているので、安心して求められる。
病気の予防。
サルスベリの小品鉢植えは素材にポイントがある。
一股的に使われているのは庭木になっている、普通サイズのサルスベリではなく、やや矮性の一才性が多い。
アメリカのコーネル大の開発とされている、一才サルスベリの選別種である。
この一才性は花色も多彩、赤、紫、ピンク、自、などがあり、実生の一隼生で開花する「本物の」 サルスベリの鉢植え化にはまず、病気の予防が肝心である。
特にウドンコ病が出る。
出てからでは止まらない。
芽が伸び出したら、2-3週間に→回ほど殺菌剤を散布する。
サルスベリは頻繁に芽摘みをくり返して仕立てる。
梅雨の頃も芽摘みした後、若い芽がつねに伸びている。
こうした新芽が病気になりやすい。
枝作りに入った街などは殺菌剤を替えるなどして、10、20日に一度くらい予防する。
こうした予紡ができない場合は良くない。

お好み  TOPへ > 戻る