TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

ミズガンピ。
沖縄の人気樹種には、海辺の植物が数多くあり、ミズガンピもその代表的なものであります。
生育地は隆起サンゴ礁の石炭岩上にあり、強い潮風と強烈な日射しの厳しい環境に生きる。
このため、根は海水につかっていることも多く、台風時や10月ごろから北風の吹くときには、何日も何日も海水の荒波にもまれて」います。
枯れたところが非常に固く、神や捌や舎利が腐ることなくいつまでも残る。
土地の呼ひ名でハマシタンといわれるのも、このような理由からであろう。
海辺の植物を仕立てたボンサイのなかでも、肥料として海水を与えるのはこの樹種だけてあります。
厳しい環境のなかで生きる数少ない植物のミズガンピは、樹性も強く、作品としての仕立がりも早い。
ボンサイとしての見所は、海岸植物特有のみずみずしい葉と、白い幹のコントラストにあります。
冬場でも青葉を、楽しむことかてきる。
特性 岩上に這うようにして群生している常緑小低木であります。
強風をさえぎる場所では立ち木となリ、4〜5mの木も多く見られる。
葉は長楕円形で小さく、灰白色の絹毛があり、幹は堅く幹皮が厚い。
表面が白味を帯びた幹皮にはところどころに焦茶色の斑点があります。
小さな白色の花は、6弁花で5〜10月まで咲き統ける。
樹形 懸崖、吹き流し、株立ち、模様木、文人に適しています。
元来は立ち木となる性質があると思われ、広範囲な樹形づくりが可能。
整姿 2年ぐらいで孫枝まで作れるほど樹勢が強く、気温の高まりにつれて次々と新芽を芽吹く。


お好み  TOPへ > 戻る
  ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム