TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

時代物の風情ある名樹も数多く颱廻り. 一段 と暖やかなものであった。
匡木と言えぱ麹町のさる豪邸の玄関先の島 車廻しの中へ植えられた、ザクロの樹容と美 挙に鉄の入れられた枝先の美しさはザク回の 事を恩うたび.理在でも頭に浮かんで来る。
樹眺については.時代面から幾分不演の点 も見られたが.荒皮性やイポ幹なども穏われ て来た。
何といっても一世を醸したのは.摂幹の出.「現であり.それは大実からの変種と言われ、 大業の性格をそうくり受け継ぎ樹勢は強く. 輪や旋が顕著に友に握れ、者くして時代を現←」じわし、それが風俗を示し雅趣を深め.寒樹卯F」粗ほ深く寂びを添す.ミであります。
寧一」饗鞍は多肥を好む毒のであり、仕上炉りも」、蕎」」早いために一量盆霧界の議児となり、有力者 添らも認められ、入れ債格の琵録を次々と真 稀して行ったのであります。
零し霊釜歯髦耄翳雷の促歳物亀俸ら拠、次第に一般にも行き渡るようになった匡 大正隼・闇岡にはA-目のよ・フなカラー写亙一はなく,その華麗さを伝えるための、人気嵐種の 彩色の画集も発行され.二十余穫の花容.性状などが解説されていた。
全盛時代は五十余の種類もあり、鉢植えを語る者はまず、ザクロから.と言った惑じであるが、その中から2、3拾って見ると、最高ほ五彩檀であり、これは錦抱から変化したもので.花は朱の八重、自八重、更紗、紅自咲分や自奪に紅筋入りなど多彩であり、」それぞ拠の芽も咲く花に応じて。
青芽.赤芽筋入り、半染め、絞りなどの変化も見られ、花に対する頃いのすべてが凝縮さ拠たよう塗ものであった。
後絞りという鴛一概り有名で、董叩は柳蓑叩で枝ほ良く密生し、花誉きも良く、砿は率紅の万亘咲ぎで大々輪で散り際にな明、臼絞P拶現わ拠る。


お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム