TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

植え:替え 杜松の植え替えは気温が一定してきた頃がよく、東侮地方では5月上旬一中旬、ほぼ第1回めの芽摘みを行う時期を目安に行います。

植え替えを行う盆樹は、2回ほど潅水を控えて鉢中を乾かし氣味にしておきましょう。

根の周囲および底部をそれぞれ二分の一から三分の一ほど切りつめ、さらに菜バシで根をほぐします。

この際とくに注意しなけれぱならないことは、太く強い走り根があっても.それを必ず細根のある.ところまでたどって切りっめなければならないということです。

これをむやみに切りっめると、完成された盆樹においては時に枝枯れを生じるごとになりかねません。

また,山土がいっまでも付着していると、杜松はいつまでも樹勢がつかず、思うように作が向上しません。

山土ぱ山取り直後にすぺてはらい落としてしまうのが理想なのですが.それができない時は、つぎの植え換え時に必ずすぺて取り除いておきたいものです。

他から購入したものがなかなか勢いがつかをいようなら、まず山土が残っていると思って間違いありません。



お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム