TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

としよりのひとり言。

ここに一本の杜松があります。

ほとんど手入れされていないが、何となく"面白い木になりそうだ"という感じがあります。

出会いであります。

回転台にのせ、あれこれと検討してみる。

手が動き、時に休む。

ひとところに静止する時間が長くなり、再び回転台が大きく廻って、ほぼ反対側でまた、静止する。

やがて、大きな意志の力で回転台は強く廻り、再び元の位置に戻る。

固定されたかのように、微動だにしない。

眼が輝やき、笑顔すらこぼれる。

正面は決定した。

この瞬間から、おそらくこの種木がもっていたであろう諸々の可能性は、たった一つに凝縮する。

いや、潜在的でしかなかった可能性が、明確なかたちとなって表われたのであります。

それは、盆栽としての可能性に他ならない。

一本の杜松は、一つの強い意志の力で支配されました。

そして、その意志の中で、さらに新しい生命を得る。

限りない時空のうねりの彼方へと、大きな翼を拡げ、いまにも飛び立とうとするかのような気配を漲らせる。

……手が、動きはじめました。


お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム