TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

そして、自動車の運転手は、荷馬車で交通がさまたげられようものなら、いらだってクラクションを鳴らし続ける。

最初に牛を飼い馴らしたのはだれか内陸の氷原の南に住んでいたマグダレニアン期の人びとは、冬期の食糧の確保についてあるていど考えをめぐらさなければならなかった。

気候はしだいに暖かくなってはいたが、長い厳寒期のために人びとは限られたかたちの貯蔵生活を強いられた。

乾した肉やベリー、それに果物が洞窟のなかにたくわえられていれば、入びとはいくらか安心して冬霊えられたことであろう・けれども、これらの貯襞糧には、務、きの気川や禦らと れる魚・地中から掘り出す灘響どのよう蟇物婁ったくなくなったと芝だけ妻つける。

このたくわえ柴+分なことが多かっただろうから、放浪あるいはそれに近い窪をする種登と って、飢えはつきものであった。

後氷期のあとで・これらの飢え矢びとは、一年じゅう食糧に困.bない妄つ近くの震9つわ さを聞いた・うわさの矮が龕に困らなくなったいきさつは蟹であった。

・つわさの種族笛岳 地帯に住んでいた・絵の具と筆で描くすぐれ缶家であり、ま碧の彫裂でもあった、慕薯 から「狩りの籍師」とよばれる男は、あるとき狩りに出かげて二匹のヤギュウの子をつ舞った。

そして・かれは寡の「襞の難」の壁にこれらの子牛の外形姦くために、この動物をよく観察してみたいと思ったのです。


お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム