TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

シュメール人農戻の暦車輪の発明ほど古くはないが、鋤の発明で牛にはさらに仕事が課された。

鋤を引く使役動物としての牛について著に三。

及した書物の;は、大襞ことで著名な、ある哀の蕃で耄。

この文書の断片が・準年前から発見されています。

これは紀元前二五〇〇年ころのもの人の風と蒙の神ですエンリルにたいする賛歌のように思われる。

には、この鐘郭許に属する別の刻板が発見された。

この文書は・およ三〇〇の馨を集成したもので、たいそう詩的に蚕されており、メー 文の文化と文明をあきらかにしています。

これらの「神袰蓉」の第二節には、乳をしぼる套、また・のちに肉と毛皮を利用するため・囲いのなかで飼われたヒツジとヤギの繁殖ξいて蔓してある。


お好み  TOPへ > 戻る