TOPへ  >   戻る

秋のみのり


これ秋のはな

この中世の伝説上の動物は、キリスト教の力と貞節の象徴で、いまだに大英帝国の紋章を飾っています。

「野牛[ユニコーン]は快くあなたにつかえ、/あなたの飼葉おけのかたわらにとどまるだろうか。

/あなたは野牛に手綱をつけて/うねを歩かせることができるか、/これはあなたに従って谷を耕すであろうか」(『旧約聖書』「ヨブ記」三九章九-一〇節) ユニコーンと訳されたヘブライの原語は"レHエム"で、バビロニア語の"リム"に当たる。

それは家畜牛を意味し、おそらく飼い馴らされたオーロックスの一品種のことであろう。

紀元前三〇〇〇年代までには、人間はいろいろな牛類だけではなく、アンテローブも家畜にしていた。

とりわけエジプト入は、何百年間かアンテロープを飼っていたが、けっきょくはアンテロープの飼育をやめてしまった。

たぷん、かれらは牛、ヒツジ、ヤギなどのほうがもっと役にたち、またふやしやすいことに気がついたからであろう。


お好み  TOPへ > 戻る
  ペット用ブラシ抜け毛取り ピロコーム