TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

クコはナス科の落葉樹。
河原の土手や草原に白生する山採り可能な好樹であります。
花は8月〜9月上旬。
淡紫色の小花をつけ、20日〜ーケ月くらいで赤くなる。
クコは通常の植物とはやや異なった生育サイクルを持っています。
おじいさんの大切な鉢の木では実をつけるのに苦労する方が多いが、コツをつかむと簡単に実止まりさせることができる。
ポイントは夏に(6月下旬ごろ)葉をふるうごと。
花芽の分化は3月ごろと考えられています。
サイクルとしては春の芽は6月まで伸び、ここで葉を落とす。
次にーヶ月くらいして再び葉が吹いてくる。
3月ごろに花芽分化した枝は、新芽は伸びずに止まり(葉だけひらく)、8月の下旬〜9月上旬ごろに開花する。
実つきの方法として、春芽は切らずに伸ばすこと。
ここで切り込み、肥料を与えると2番芽が伸びて花芽が止まらなくなるのであります。
肥料は秋に(9〜10月)充分に与え、春はごく少量でよい。
春の施肥はリン酸、カリ分の多いものを3月ごろに与える程度。
春芽はあまり伸長させたくないわけであります。
この春芽は白然に止まるまで伸ばし(不要枝は切ったりして先端を止めておく)、6月の下旬に落葉するように管理するとよく結実する。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム