TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

ポイントのもうーつは、よく日に当てること。
赤玉単用より砂を3割ほど入れた方が、実つきはよいようであります。
水を好み、肥料も好む丈夫な樹であるが、春の枝が止まらずに伸びるようだと結実しない。
剪定は11月〜12月に再び落葉したころに、2芽で切り込み形作りをする。
翌春、この2芽残しの芽から伸びた芽が、夏に花を咲かせるわけであります。
植替えは8月下旬〜9月上旬。
寒地ではもう少し早い。
山採りも8月ごろが活着がよいようであります。
樹作りの場合、夏に切り込むと10日〜20日で新芽が吹いてくる。
芽がやや固まったころ、曲付けするとよいだろう。
この新芽は冬まで伸ばす。
クチナシの取り木について述べたい。
クチナシは相当の太幹の古枝でも挿し木で活着するので、取り木が面倒な方は挿し木仕立てでも可能。
クチナシは、近年単幹樹の面白い作品が増えており、肥培して走らせた枝に取り木すると、比較的容易に太幹樹が作れるのであります。
白然樹形は常緑の灌木。
従って株元から次々ち樹になる。
不要なヤゴ芽や不定芽を注意して早めに取り去り、単幹を維持することが大切であります。
クチナシは、太幹で10p以内、7〜8pの単幹樹を作ることが目的。
挿し木からでは作出に時間と手間のかかる樹形であります。
やや大形の単幹樹に肥培して仕立てておき、その途中から取り木すると面白い作品が可能であります。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム