TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

取り木した樹はよく太るのが通例。
ほとんどの樹種で、取り木した部分が切り残した下部より太くなる。
また子供の方が台木(親樹)より良くなることも多い。
真柏などでは、1〜2年枝に取り木をかける人もいるほどであります。
挿し木よりも早いためだ。
従って、取り木はまだまだ充分に工夫されていない分野であります。
有効な利用法が試されていないのであります。
安価な素材を利用できること。
この点はびわでも納得できる。
しかし、いざ園芸店に行ってみても気に入る素材は少ない。
目が肥えてくるに従って好みの取り木素材は少なくなる。
つまり、取り木が面白いといってもどこにでもあるわけではないのだ。
ポイントとしては、とにかく足元と立ち上がりに1曲や振れのある部分で充分。
全体の仕上がりを考えず、まず優れたところの1部分、そのすぐ下で取り木するのが好結果を生むことが多い。
ぎ自分の好む樹形、樹高を考えておくことが取り木の大切なところで。
あります。
場合によって小品おじいさんの大切な鉢の木では、足元の塊からでも優品は可能だ。
従って取り木後が大切。
珍樹種や、人の作らない樹種、素材の穴場的な樹種も面白い。
優れた作品ができれば、必ずそれを参考にする人がでてくるものであります。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム