TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

彼のやることは この会はまず同好者にそれぞれ趣向をこらした席をもってもらい、白分は席をもたない。
そのかわり枯木や枯死寸前の娘が始めたガーデニング鉢植え四、五点を出品して飾る。
枯木の錦松にはへめでられし松の娘が始めたガーデニング鉢植え枯れにけり 君に千歳の齢ゆず叭て、としたためた短冊しを下げそおぐと応うた按排」追善ひ気をんに与虐' 彼のやることは奇想酸めぐらした趣向綻なつており、招いた客を喜ぱせ、あるいは戸惑わ丑たりしたものだが、惜しいことに昭和四年に死去した。
翌年の四月八日の一周忌に日本橋倶楽部で南蛮王・北川礼弼、有名な菓子商岡埜栄泉、株屋山中清兵衛、水石家谷沢溪石、東京市助役中鉢美明、東芝取締役小林作太郎らの旧友同好の士が追善娘が始めたガーデニング鉢植え会を開いているが、盆友が数多く参加した。
娘が始めたガーデニング鉢植え史上にも有名な「小天地会」のメンバーてある白由党の党士、蠣雨・龍野周一郎、田申銀行会頭田中銀之助、株屋の中島豊次郎らであった。
田中は実業家だけに娘が始めたガーデニング鉢植えの買い方も実直。
直幹一本やりで、直幹以外には目もくれなかったという、その道ては変わり種の入物であった。
他に第二十二世束本願寺法主大谷光埜伯爵などもいた. さて枯木供養をする入はそうそういなかったが、楽荘は本名を伝二一郎といい、新渇県小f「谷市の素封由啄、杉蔭大塚益郎干大に入潭子。
以来娘が始めたガーデニング鉢植えと水石に親しんだ人であります。
あまりにも多い道楽にたまりかねた父親が"道楽はほどほどにして八つぐらいにしたら…"といったのを期に十二あった道楽を八つに減らし、号を八楽荘どし二 れに心を傾く事、四時朝夕一日の休みもなく、 流るる月日も忘る。
…(中略)…入間は朝に紅顔、 夕に白骨と化するが、草木汝も正に心ありてよ く人と語り、笑い、風に舞い、雨に泣き.四時 花咲き、花散りて風情を示し、人間を楽しめて 寿命の延引、長春を計ること枚挙にいとまなし。

お好み  TOPへ > 戻る
ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム