TOPへ戻る

はな絵日記
秘めたる魅力を語る。
松柏、雑木、花ものなどに数々の樹木が登場する鉢植え界で、ザク回はその中心となる樹と考えて良いものである。
現在はほとんど見捨てられた状態で、人々の話題になることもなく,感動的な名木の登場も見られない。
秘められた多くの魅力を思うとき、何故にこの木が人々の心を捉えることができないのか、改めて考えて見たいと思う。
伝えられる所では、明治30年代の終わり喫から異協な人筑となり、それ以来大正から昭和の初期まで、40竿近くも続いたのである。
今薗残された当時の名木集にも、他の雑木類を圧して多くの名木が登場している。
ザク百が人々から奸まれた要因としては、葵事な花を咲かせる事であり、その花審にも幅広のものがあり、一重から八重、咲き分け、萩リ.牡丹瑛きと多彩であり、色彩も、赤、臼、ピンク、と大小さまざまな変化に寓んでいる。
花期は皐月の終わった後の盛夏を迎えるが.見断ほ花だけでなく、春先の芽立ちの風情は他の樹穏に見られぬ、咲く花の色によって異なり赤芽.箕芽、、青芽などの変化もあり.一段に光沢と張りのある茅立ちの味は、格別なものである。
中には芽立ちとともに膏」を着ける早咲きのものや、四季咲きとして、晩秋にも花を咲かせるものもあり.花と実成りの面からもきわめて深い味わいをもっている。
花もののさだめとして単弁咲きは、実を結び.八重咲きは実を着けないが、重台(大]摺のように.花は早咲きの八重だが.偶々一重も咲いて.実を若ける面自いものもある。

絵日記のこえ


bk_index

0505025

0505026

0505027

0505028

0505029

0505030

0505031

0505032

0505033

0505034

0505035

0505036

0505037

0505038

0505039

bk_index

0505040

0505041

0505042

0505043

0505044

0505045

0505046

0505047

0505048

0505049

bk_index

0505050

0505051

0505052

0505053

0505054

0505055

0505056

0505057

0505058

0505059

0505060

0505061

0505062

これ春のはな

病原体を区分する。
つい先日、ネズミサシの枝枯れ病が発生した樹がもちこまれた。
そこで、その病気の樹をモデルにして考えてみたい。
まず、病気を知るためには病原菌のことを知らなけれぱならない。
植物に病気を発生させる病原体.病原菌・微生物などは、だいたい次ぎのように分けられる。
①ウイルス(VirUS)。
非常に小さいので、濾過性病原体と呼ばれた時代もあった。
景近ではエイズ(AIDS)の病原体として、悪名が高く一般に知られるようになったが、植物の病気としては、モザイク(梅の新葉や、トマ十などが、縮れるもの)の病原体がある。
これは、あまりに小さいので、病原菌の中には含まれず、別に病原体として扱われている。
②細菌(さいきん)。
多くの動植物に加害するバクテリアをいう。
身近なものでは、赤痢菌・コレラ菌などが知られている。
③菌親(きんるい)。
病害虫を起こす微生物のうち、黴(かび)の伸間を菌類と呼び、細菌とは別に扱っている。
④その他。
その他のものでは、②にも③にも入らないものに、線虫類(せんちゅうるい)がある。
農業関係では、野菜などの根に瘤を作る『根瘤線虫(ねこぶせんちゅう)』の悪名が高いが、植木や樹木関係では、根を腐らせる『根腐れ線虫(ねぐされせんちゅう)』の他、近年では、赤松を枯らす『松のザイセンチュウ』などが知られてきた。
これら植物に加害する病原体や、病原菌などのうち、④の線虫は動物であるが、②の細菌と③の菌類はいずれも下等な『植物』である」(実はこの『植物である』ということが、病害虫を取り扱ううえで重要な問題なのである。
) 枝枯れ病の正体を追え。
ネズミサシの枝が、何の理由か不明のまま、ポツリポツリと枯れる病気は、鉢植えにおける「難病」の一つとして困ったものである。
業者の中には、突然枯れるので、「ポックリ病」などと呼ぶ者もいるが、これは③で示した『菌類』によるもので、幹に出れば『胴枯れ病』、枝に出れぱ『枝枯れ病』と呼ぷが、病顧菌は同じものである。
枝枯れ病の病原菌は、③で示した『彌類・カビの伸間』で、私の園で発生したネズミサシの場合は、(農業試験場で検定していただいた結果}3種類の菌類が加害していた。
この菌類は、普通空中に幾らでも浮遊するもので、樹木の樹皮が損傷したような場合、の傷ロから容易に侵入するという(モミジの「清姫」の幹が、黒く変色して枯れるのも.同様の胴枯れ病である)。
この樹皮の損傷は、台風や落石などによることもあるが、「カミキリムシ」の喰害によることが多いという。
この樹皮の傷ロから侵入した枝枯れ病菌は、形成層(樹木の木質部と皮との境の部分)に沿って繁殖して樹木に加害する。
このように樹皮の下で繁殖するため、外部からの胃薬剤散布』はあま り効果がない(まったくということ ではない)。
菌勢は余り強くなく、一挙に樹木 全体を枯死させることは少ない。
一度発生して、樹木を弱らせると収束ではないが、その繁殖は小さくなリ、樹木が樹勢を回復すると、また発生するというような経過を繰リ返す。
ネズミサシには天然の神・舎利が立派なものが多いが、それはすべて『枝枯れ病の羅病』によってできたものと考えられる。
このように、枝枯れ病菌は、立派な神・舎利を作るに寄与したものだから、天然の神・舎利のあるネズミサシは、um%枝枯れ病に罹病している ものと考えねばならない。

お好み  TOPへ戻る
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド    スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き